要介護と要支援について

subpage1

要介護者とは障害により、日常生活動作に手助けを必要とする人のことです。
日常生活動作とはトイレ動作や入浴、食事、着替えなど生活に必要な基本的な動作のすべてを指します。



対象になる障害には、骨折や運動麻痺など身体的なものだけではなく、認知症や精神疾患など精神上の障害も含みます。

YOMIURI ONLINEについて知るならこのサイトです。

1〜5までに区分されており、数字が大きいほど介助量が多いことを表し、要介護5は身の回りのほとんどすべてのことに手助けが必要であり、寝たきりの状態など介護なしでは日常生活が送れないレベルです。



要支援者とは身の回りのことはほとんど自分で行えており、生活の一部に手助けが必要な人を言います。

要支援1と2に区分されています。


入浴動作は身体の負担が大きいだけでなく、転倒のリスクも高いため入浴時はヘルパーを利用するという人も多くいます。


また、家の中のことはできても買い物など屋外での活動範囲が制限されてしまう場合にも支援が必要となります。

要介護者の認定を受けると介護保険サービスを受けることができます。
サービスの内容は、訪問看護、訪問リハビリ、デイサービスなどの住居サービスや、施設入所サービスがあります。


これまでは体が不自由な方や独居の方は身も周りのことが出来なくなると病院や施設に入るという考えでしたが、最近では地域の医療福祉機関で連携をとることで、住居サービスを充実させています。訪問サービスを利用することで住み慣れた自宅で長く過ごすことができ、生活の質や健康寿命を延ばすことを目的としています。


企業について情報

subpage2

一般的にあまり知られていないとされる居宅介護支援事業ですが、在宅においては非常に重要な意味を持つ事業所です。そもそも公的介護保険制度は、計画に基づいたサービスの利用が求められます。...

next

企業の特徴

subpage3

日本で介護サービスを受けようとする際には、審査を受ける必要があります。その審査では、サービス利用を希望している人の心身の状態が様々な観点から審査され、それにより、どんな内容のサービスを、どの程度の頻度で受けるのが望ましいのかが決定されます。...

next

企業が気になる方

subpage4

介護は受ける側の人の状態によっては付きっきりになり、自分の中の時間を作ることが難しいということもあります。そのため負担とストレスが重なってしまい、行う側の心身にも負担が蓄積してしまうという事態にもつながりかねません。...

next

対策方法

subpage5

介護保険では、現状どの程度手助けが必要かによって7段階に分けられます。そしてその段階に応じて利用できるサービス料金の上限や、受けられるサービスが異なります。...

next