居宅介護支援事業の利用

subpage01

一般的にあまり知られていないとされる居宅介護支援事業ですが、在宅においては非常に重要な意味を持つ事業所です。
そもそも公的介護保険制度は、計画に基づいたサービスの利用が求められます。


この計画すなわちケアプランの作成を行うのが、居宅介護支援事業者のケアマネジャーです。

利用者やその家族は、ケアマネジャーに対して必要な支援を求めその話や要望に応じて、ケアマネジャーの判断でケアプランを作成していきます。このとき、本当に必要な支援や家族で出来ること、また病状などから総合的に判断をすることが必要です。
こうした様々な状況や病状などに応じて適切な計画の作成を行い、また実行していくことで、本人及び家族の負担軽減を図ることが求められています。
ケアプランは作成したら作成したまま放置されることはありません。



むしろそこからがスタートです。

毎日新聞のクチコミ評価が高いです。

毎月少なくとも一回は利用者の自宅を訪問し、利用者及びその家族と面談をすることで、モニタリングを行っていきます。


このときの状況からより介護保険制度の利用が必要だと認められる場合もある一方で、反対にサービスの利用頻度を減らす方法も選択されたりもします。



このように、ケアプランの進捗状況を見極めて場合によっては各サービス事業者の担当者を集めてのケアカンファレンスの開催も行っていくことで、利用者及びその家族の負担を減らしていくように努めるものです。

計画がしっかりと出来ていなければ、適切なケアの提供が出来ません。
計画作成のケアマネジャーが、介護保険制度の要と言われる所以です。